concrete temple footwork battle
前回の予選通過者の”ココがヤバい!”Bboy陸上による、私的目線で影で勝手に解説コラム
五人目は


Bboy RZMD


ダイキも付き合い長いし、最近遭遇率高い。ジャイアントキリングの変人Bboyダックの後輩として高校生の頃から知ってますが、その時から器用なスタイルしてました。パワーもフットワークも綺麗にまとめれて、エアチェアが得意なイメージ。この前一緒に練習したら、エアチェアは微妙に劣化してました笑


最近の彼の活動も多岐に渡ります。ビートメイク、シルクスクリーンに、カレー作り。器用なスタイルはダンスを離れても健在のようです。彼所属の「hyphen」も、近々なにか催すようなので、それもチェック!


彼のこのムーブを見て最初に目立つのはやはり音楽性でしょうか。フットワークでネタ入れつつトップロック的に”踊る”のはやろうとするとスッゲーダサくなりがちなところ、あざとい感じ無しに溶け込ませれるあたり、熟練です


それを実現させるのも、実はネタだってりファンデーションだったりの精度なのでは無いかと思っています。音楽に踊らされてシルエットがハズれる事なく、サラっと地味に難しい事やってます


このムーブで一番目立つポイントは最後の爪先立ち?のとこかと思います。DVD編集時も、このカットが使われる予定だったのですが、MCやりながらも鮮明に覚えてた、六歩の体重移動を裏切る動きの部分を、ワガママ言って入れてもらいました


ステップだけでこの違和感出すの難しいよなー…


技有りです!