concrete temple footwork battle
前回の予選通過者の”ココがヤバい!”Bboy陸上による、私的目線で影で勝手に解説コラム


七人目は


来ました今回のジャッジの一人


Bboy CAME!!


前回たなちゅーのドロップについて書いて、その後のつづく…の続き!
見ての通り、続いていたのです!笑


たなちゅーのWAZAARI setと見比べてみればわかると思いますが、ムーブが似てるんですね~


思いっきりバイトサイン出してますが、本人たちもお互いに理解しあっている事でしょう!

このクソ似たり寄ったりなアイディアで溢れたBBOYシーンには、劇薬になるようなバトルだったんじゃないでしょうか!


ぶっちゃけるとネタなんてカブるんですよ。ほとんどのカタチや動きは昔の人らにやり尽くされてます、実際。


俺の個人的な意見ですが、バイトという考え方は、カブっている動き自体を非難するものでは無いと思っています。根本的な問題はもっと他にあるんです。


カブってるけどパクりじゃない動き、カブって無いけどパクりな動き、この2つには大きな違いがあって、どちらにブレイクダンスの広がりを感じるかを、改めて考えさせられる一戦でした。


感情高ぶらせながらもギリギリのところでコントロールを効かせながら高速でネタを挟んでいくスタイルも含めて、今回ジャッジ文句無しな技有りです。


そもそも、この一戦が実現したのも前回ジャッジのBBOY FURUの名采配によるもので、本当は1ジャッジで進めたtop16はタイブレイク無しと伝えていたのに、出しました奇跡のタイブレイク笑


それに続くCAMEのジャッジスタンスにも期待が高まります!ヤバい!