熟練した動きは滑らかだ
滞りなく流れるような動き

絶えず滞りなく動き続け、かつ、ループ可能な円に留める
これを実現するのに六歩以上のものは無いだろう

六歩こそ完璧なflowだ

その完璧なflowをさらに理解するために加える新たなアプローチ

外から見たり内から見たり

少しずつ死角を無くして、限りなく完璧な円に近い多角形を描くよう

六歩というトラックに乗せる自分なりのアプローチ

完璧なトラックを邪魔する事なく、むしろ一つ上のレベルに持ち上げる

それが出来て初めての、flowであってBboyであってHIPHOPでは無いだろうか